ビジネス書

【レビュー】スタンフォード式 最高の睡眠

「スタンフォード式 最高の睡眠」

この著者は日本人で、スタンフォード大学の教授である。また睡眠生体リズム研究所の所長だそうだ。

題名の「スタンフォード式」というのは、伊達ではなさそうですね。

内容

最高の睡眠=質である。量ではない。睡眠についての悩みは量では解決しない。

もし、徹夜などをしてしまうと、起きているつもりでも脳が数秒だけ寝てしまう、マイクロスリープという現象がある。これは、本人ですら気付かないうちに起こっており、集中力が無くなると同時に、非常に危険である。

なので、睡眠を十分とることが大切!

まあ、当たり前のことですね。

最初の90分のノンレム睡眠(脳も身体も眠っている状態)が最も大切

いい睡眠を取るためのポイントは2つ。

それは、「体温」と 「脳」です。

・まず、体温について。

質の良い眠りであれば、体温が下がります。

皮膚温度(手足の温度)と深部温度(体の内部の温度)の差が小さくなればなるほど、眠気が強くなります。

本来は、深部温度の方が高いです。

なので、入眠時に、皮膚温度を上げて、深部温度を下げれば眠気がくるということ!!

例えば、寝る前に、手足を温める。

入眠時の、90分前に入浴する。などです。

・脳について

睡眠まえの、ルーティンを作る。

例えば、いつも通りの時間に、同じ場所で、いつもと同じ照明と温度で寝る。

特に、入眠時刻を固定させることが大切です。

あと、度数低いお酒をだらだら飲んでから寝ると、確実に睡眠の質を下げる。しかし、逆に、ウォッカなどの強い酒を少しだけ飲み眠ると、質の高い睡眠になりうるそうだ。

まとめ

今、紹介した2つのポイント以外にも多くとコツが書かれています。

それに、著者自身が、睡眠の研究者であるので、科学的に解明されていることが中心に書かれていますので、信頼できますね。

睡眠の時間が、確保できない。たくさん眠っているのに、疲れが取れない。などの悩みをお持ちの方は是非、読んでみてください。

以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

-ビジネス書

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5