ビジネス書

【レビュー】チーズはどこへ消えた

今回は、「チーズはどこへ消えた」 のレビューを書きたいと思います。

この本は、もともとかなり有名な本でしたが、大谷翔平選手がインタビューに対し「野球関連書のほかに『チーズはどこへ消えた?』を愛読している」と答えたことでさらに有名となりました。

変化に対して、どのように対応するか。

自分の幸せをチーズに見立てて描かれております。

あらすじ

この物語に登場するのは

2匹のネズミと

2人の小人、「ヘム」と「ホー」です。

彼らは迷路にいます。

そして、ある日、「チーズ」が沢山ある場所を発見するのです。

この「チーズ」は、幸せや手に入れたいものを表しています。

しかし、数日後、チーズが突如として消えてしまいます。

この後、2匹のネズミは本能に従い、次のチーズを探しに行くのですが、2人の小人は「なぜ日チーズが無くなったのか」と文句ばかりで、次のチーズを探しにいく勇気が出ません。

そんな中、ある時小人のホーが、新しいチーズを探しにいこうと言うのです。

そうして、ストーリーは進んでいきます。

この本の中で、私が一番気に入ったのは「失ったものではなく、手に入れるもののことを考え続ける」という言葉。

未来に手に入る「幸せ」を考えることで、ワクワクして恐怖心がなくなる。ということです。

深い言葉ですね。

まとめ

この本は全部で、100ページもないため、2時間もあれば読めてしまいますので、時間のない方でも、すぐに読めるのでおすすめです。

変化することを恐れて、行動することを躊躇ってしまっている方。

毎日同じことの繰り返しで、うんざりしている方は是非、読んでみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-ビジネス書

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5