ビジネス書

【レビュー】ポジティブ・チェンジ

Daigoさんの「ポジティブ・チェンジ」

Daigoさんの本は全て、文字が多すぎず、少なすぎず、読書が苦手な方はでも読みやすいでしょう。

逆に普段からよく読書をする方なら、3時間もあれば読みきれます。

なので、私はこの方の本を頻繁に購入しています。

内容

まず、この本で1番大切なのはこれでしょう。「行動すること」

準備する事は、行動しないだのための言い訳である。なので、行動してから準備する。

自分を変えるための、7つのスイッチがあると述べられています。

①時間

早起きすることが大切。

朝起きてからの2時間が「最も生産的な時間」であるという科学的データがあります。

なので、世界のエリートたちは早起きの人がかなり多いそうです。

例えば、スティーブ・ジョブズや、

なので、普段8時起きの人は6時に起きてみましょう。

②言葉

ご存知の方も多いと思いますが、言葉は思考に影響します。

なので、ネガティブな事ばかりを言っているとネガティブな人間になってしまいます。

つまり、ポジティブな言葉を使おう。という事です。

③友人

人の習慣や思想は伝染します。

なので、一流の人間になりたいなら、一流の人間と付き合う事。

自分をダメな方向へ連れて行く友人とは連絡の頻度を減らしましょう。

④モノ

モノにはこだわりましょう。

特に、普段よく使うもの。Daigoさんであれば、ペンだそうです。

また、モノを減らす事も必要。部屋にある必要ないものは極限まで捨ててみましょう。

モノが多いと、迷う事が多くなり、行動しない理由を作ってしまう。

ちなみに、Daigoさんは服は数着しかなく、着る順番は決まっているとテレビの収録で話されていました。

⑤環境

人が与えられる影響として、とても大きいのは環境です。

環境を変えるために一番良いのは転職と引越しです。しかし、それは厳しいですよね。笑

なので、パソコンのディスクトップを変える。などの小さい変化から始めてみましょう。

⑥外見

外見を変えると周囲のあなたに見方も変化します。

転職としたい方は、

転職が成功したら高いスーツを買おう。

ではなく、

高いスーツを買ってから転職活動をしよう。

といったように考えてみると良いでしょう。

⑦食事

ファストフードを日常的に食べる人は、生活習慣が怠惰になるという事が、最近明らかになってきています。

そこで、集中力が上がる食べ物を紹介します。それは、ナッツと玄米です。

これらは、低GI食品呼ばれるもので、血糖値をゆっくりあげてくれます。

最後に

この本を通して、特に重要とされているのは「行動すること」です。

めんどくさいと感じからすぐに行動することを心がけてみてください。

そうすれば、そのうち慣れてきて、すぐに行動できるようになってくるはずです。

以上です。

変わりたい、より良い人生を歩みたい。と感じている人は一度読んでみる価値はあると思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

-ビジネス書

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5