ビジネス書

【レビュー】読んだら忘れない読書術

今回は、「精神科医が教える 読んだら忘れない読書術」という本のレビューを書きます。

Amazonでの評価が非常に良かったため、購入してみました。

読書をしていても、成長している気がしない。

知識が付いている気がしない。

と感じている方は読んでみるべき一冊であると思います。

この著者の本は、Amazonのレビューが非常よく不思議に思っていましたが、少しトリックがある気がします。

それは、この本です。この本では、読んだ本を忘れないためにレビューを書くことを強く勧めているからです。

実際、私も、この本に触発され、レビューを書いている一人ですが。。笑

ただ、いい評価が非常に多く、私自身も、良いと感じたので、これがいい本であることは間違いないですね。

内容

この本のポイントを自分なりに3点にまとめます。

①「アウトプット読書術」

アウトプットというのは、レビューを書く、SNSに感想を投稿する。などです。

人に教えることを前提に読むと、理解度が全然変わってくるそうです。

②「スキマ時間読書術」

著者は電車の中でしか読書をしないそうです。それにもかかわらず、月30冊以上の本を読むことができるんだとか。。

電車の中で読むのには理由があります。

それは、時間に制限が出来て、集中力が増すからです。

この理論は、この著者の別の本「神・時間術」という本でも紹介されていました。

なるほど。。と言った感じですね。

③「ワクワクしながら読む」

ワクワクしている状態読むのと、ワクワクしていない状態で読むのとでは、で定着率が全然異なるんだそう。

楽しみながら読むと脳内物質が多く分泌され、記憶に残りやすくなります。

まとめ

今紹介したほかにも、沢山の興味深いことが、書かれており、目から鱗でした。

読書を効率的にして、自己成長に繋げたい方は是非、読んでみてください!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-ビジネス書

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5