ビジネス書

【感想】1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養」

(月)歴史・(火)文学・(水)芸術・(木)科学・(金)音楽・(土)哲学・(日)宗教の7分野から、1日1ページとして、365日分、収録されています。

結構大きいし、分厚い本なんですよね。

なので、電車の中で本を読むスタイルだった私からすると、少し厳しい。。

まあ、あまり関係ないですけどね!!

↓ボールペンと比べるとこのサイズ。

私は、本屋さんで見つけた時に、表紙と題名から興味を持って購入してみした。

少し前に、Twitterでも話題になっていたようですね。

感想

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野についての世界の教養が、1ページずつ、書かれています。

非常に面白く、それぞれの分野に興味を持つキッカケになるのではないでしょうか。

実際、私もこの本のおかげで哲学に興味を持ち、その分野の本を最近読み始めました。

しかし、1つの話題に対して1ページしか与えられていないので、深く学べません。

でも、それは仕方ないですよね。ただの知識の羅列じゃ満足できないという方はそれぞれの分野の専門書を読むべきでしょう。

あと、1つ感じたのは、自分の興味を引き、面白いと感じる分野もあれば、その逆の分野もあるということ。私の場合は、哲学・科学・宗教が好きでした。特に科学!!

逆に魅力を感じず、流し読みをしてしまったのは、音楽・文学です。これは個人の興味の問題ですね。

まとめ

色々な知識が欲しい、という方は、購入しても間違いなく後悔のない本だと思います。

新しいことに、興味をもつキッカケにもなりますし、雑学としても知っていて損はないですよね!!

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ビジネス書

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5