その他

薬局(ドラッグストア)でのバイトってどうなの?業務は?【四年間バイトして分かった良い所、悪い所】

これから薬局(ドラッグストア)でのバイトを考える方にために

実際に四年間バイトしてみて分かった事を説明、紹介していきたいと思います!!

 

まず、ドラッグストアでは医薬品の資格を持った方が

絶対にいるので医薬品の知識がなくても問題ありません。

お客様に医薬品についての質問をされた時は、

その資格を持った方が答えてくれます。

 

それでは具体的な業務内容などを紹介していこうと思いますが

僕が働いていたのは都会ではなかったので、

海外の方がよく訪れるようなドラッグストアとは

少し異なるかもしれません。

 

また、お店によって違うことも多々ありますので

ご理解のほうよろしくお願いします。

 

業務


ドラッグストアで行う主な業務なついて紹介します。

 

レジ

接客業務です。

だいたい分かる方も多いと思いますが、

お客さんが持ってきた商品をレジカウンターで

1つ1つバーコードを通していき、お会計を行います。

 

慣れるまでが中々難しいですが一度慣れてしまえば、問題はありません。

 

納品(品出し)

週に何度かセンターから、大量の商品が送られてきます。

それを営業時間内、もしくは営業時間外に商品棚に補充します、

 

これ商品の場所を覚えるまで少し大変ですね。

大きいお店だと商品が多いので少し苦労するかも知れません。

どうしても商品の場所が分からない時はベテランの方に質問した方が早いです。

 

掃除

主に、トイレ掃除、床掃除、ゴミ箱のゴミの処理、店回りのゴミ拾いなどを行います。

これは、全然難しいことはありません。

 

POP作り

POPというのは、値段の書いてある紙のことです。

ある程度働いて慣れてきたら任されることもあると思います。

いまは基本的に機械でバーコードを読みっとてパソコンでPOP作成を行います。

なので「絵が下手だ」とか「字が汚い」という方も心配ないです。

 

期限チェック

店内の期限のある医薬品、お菓子、ドリンクなどは

すべて自分たちで期限をチェクしていきます。

 

面倒臭そうですよね!そうです、面倒くさいんです。

これはみんなで時間をかけて行う作業になります。

 

店内メンテナンス

売れて商品が少なくなった商品棚に倉庫から補充したり、

売れて棚の後ろに寄っているものを前に出す作業などです!

 

細かい作業などはまだ少しありますがだいたいこんな感じです。

商品の発注などはバイトが行うこと機会はあまりないと思います。

 

良い所、悪い所


良い所

  1. シフトの融通が利くところが多い
  2. だいたいホワイト
  3. コミュニケーション力がつく
  4. 少しだけ商品の知識がつく

 

悪い所

  1. あまり募集していない
  2. 若い人(お客さんに関しても)が少ない所が多い
  3. 髪色、髪型の規制が厳しめ
  4. 商品の数、種類が多すぎて覚えるまでが大変。

 

年齢層について

働いている方の年齢層ですが、

私のお店だと平均年齢は40~50歳という感じです。

 

これに関しては私の考えなのですが、

できたばかりのお店や都会のお店では学生がメインになるとが多いので

平均年齢は低くなる傾向があるように感じます。

 

男女比について

男女比についてですが僕のところで

男性:女性=1:3

といった感じです。

どこのお店でも若干女性のほうが多くなる傾向にあります。

 

最後に

働く環境などを確認するのに一番良いのは

応募する前に実際行ってみることです!

 

以上です!!

お読みいただきありがとうございました、

皆さんのお役に立てたことを願います(^^♪

-その他

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5