読んでみた感想と要約 必読の本【スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン】

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンについて

 

今回紹介させていただきたい本はこちらです↓

 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン!

Amazonで評価が非常に良かったので興味を持ち購入しました。

 

結論から言いますと、

話すのがうまくなりたい方は是非読んでみるべきだと思いました。

プレゼンに限らず、日常生活の中でも

人とコミニュケーションを取る際に活用できることも多いと感じました。

感想

まず、感想としては具体的な例や表現が多く非常に分かりやすかったです。

 

色々な偉人や成功者の言葉が至る所で引用されており、説得力がありました。

それと同時に、著者の知識量、頭の良さが伝わってきました。

 

この本を読むにあたって、まずはYouTubeで

スティーブ・ジョブズのプレゼンを見ることをオススメします。

 

オススメはこちら↓

 

スティーブ・ジョブズが行ったiPhoneのプレゼン発表です。

なんか動画を見て感動しませんか?鳥肌が立ちますよね!!

私は最初の「実は1つの製品なのです」ってところが一番好きです。

 

本書の中でも説明の際によく登場しますので、是非最後まで見てみてください。

 

この本が書かれた頃はまだジョブズは生きていました。

ジョブズが亡くなってしまったを本当に残念に思います。

要約

本書では、プレゼンをする際に気を付けるべきことや

役立つことが以下の18項目にまとめられています。

 

■人々を惹きつけるプレゼン 18の法則
構想はアナログでまとめる/一番大事な問いに答える/救世主的な目的意識を持つ/
ツイッターのようなヘッドラインを作る/ロードマップを描く/敵役を導入する//正義
の味方を登場させる/禅の心で伝える/数字をドレスアップする/
「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う/ステージを共有する/
小道具を上手に使う/「うっそー!」な瞬間を演出する/存在感の出し方を身につける/
簡単そうに見せる/目的に合った服装をする台本を捨てる/楽しむ

 

私はこの18項目で大切だと思ったことを3つにまとめたいと思います。

 

まず1つ目は”ポイントは3つにまとめる”ということ

 

あなたがそのプレゼンの中で話したいことをあらかじめ3つにまとめます。

そして話し始めた時に、ポイントが3つあることを示します。

これによって観衆にロードマップを示し、

話がどのように進行するを意識することで観衆を迷子にさせません。

 

この際のポイントがポイントのそれぞれを説明する際に

体験談や事実、比喩や実例を示すことです。

聞いている人が身近に感じられる例をあげましょう。

 

 

2つ目は”スライドはシンプルに

 

要するに箇条書きはいけません

箇条書きをすることによって、観衆はスライドの文字を読んでしまい、

注意が散漫になりプレゼンターの話しを聞かなくなります。

 

本書では”箇条書きはプレゼンターの怠惰だ”と言っています。

 

確かに箇条書きをすると、話す側としては覚える量が減り楽なのですが、

スライドを読むだけになり観衆とアイコンタクトを

全くとらなくなるため一人芝居になってしまいます。

 

このようなことを避けるためにスライドはシンプルに。

できる限り文字はなくし、キーワードを数文字で十分です。

 

また、1スライドにはテーマは1つまでです。

 

3つ目は”ストーリーをつくる

”どのように”の前に”なぜ必要なのか”を説明しましょう。

 

そうして具体的に受け手自身のメリットを示すことによって、観衆は話を聞く気になります。

そして、”なぜ”その答えは必ず具体的に示しましょう。

 

 

最後にもう一つ。

プレゼンを行う際にはしっかりと準備・練習を行う事が必要です。

これらによって、自信がつき緊張が小さくなります。

 

また、トラブルに見舞われた時でも焦らずに対応できるようになるのです。

 

また、プレゼンを行う際は「えー」「あー」は使ってはいけません。

質問されたときはしっかり質問者の目を見て答えましょう。

 

まとめ

以上です。いかがでしたか。

 

かなり読む価値のある本だと感じましたので、

皆さんも是非読んでみてください!!


 

お読みいただきありがとうございました!!

皆さんのお役に立てたことを願います。

-

© 2022 金魚のおしり Powered by AFFINGER5